[ノアンデ/成分]安全性が高く無添加で高品質安心な理由は!

なぜノアンデは安全性が高いのか、その理由は無添加・無着色・無香料でさらに日本国内の認定工場で作られているからです。

無添加処方なので敏感肌や乾燥肌の人にも優しく、さらにワキガ臭を悪化させてしまう成分は含まれていません。

そして安心なメイドインジャパンだからです!

副作用に不安がある方も安全性の高いノアンデを一度試してください。

公式サイト

関連記事:ノアンデの口コミと効果!ワキガが女性が使ってみた評判は?

[ノアンデ/副作用]無着色・無香料だから安全性が高い

ノアンデは安心・安全な無着色・無香料で作られています。

ご存知だとは思いますが、着色料は色をつける原料で香料は香りをつける原料です。

着色料・香料の原料でアレルギー反応を引き起こす可能性がある成分もあり、副作用の原因にもなりかねません。

そんな着色料と香料はノアンデに使われていないので安心して使用できますね。

[ノアンデ/副作用]危険性がないのか全成分を解説

有効:シメン-5-オール(イソプロピルメチルフェノール)、パラフェノールスルホン酸亜鉛
その他:柿タンニン、プラセンタエキス-1、アーティチョークエキス、セイヨウナシ果汁発酵液、茶エキス-1、シャクヤクエキス、ヒメフウロエキス、スターフルーツ葉エキス、ヨクイニンエキス、ワレモコウエキス、アロエエキス-1、ローズマリーエキス、マロニエエキス、アルニカエキス、ハマメリスエキス、セイヨウキズタエキス、オトギリソウエキス、ブドウ葉エキス、グリチルリチン酸2K、ステアロイルフィトスフィンゴシン、スフィンゴ糖脂質、天然ビタミンE、メントール、濃グリセリン、水添大豆リン脂質、クエン酸Na、炭酸水素Na、炭酸Na、エタノール、BG、セリサイト、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、メチルハイドロジェンポリシロキサン、架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、ジメチコン、架橋型ジメチコン、シクロペンタシロキサン、PEG-9 ポリジメチルシロキシエチル ジメチコン、塩化Na、フェノキシエタノール

ノアンデの有効成分と天然成分は本当に安全か調べてみました。

有効成分シメン-5-オール

ノアンデの有効成分のひとつシメン-5-オール(イソプロピルメチルフェノール)には殺菌作用があり、菌が繁殖する働きを抑える効果があります。

シメン-5-オールはほとんど味やにニオイもありません。

医薬品では軟膏や傷消毒薬、医薬部外品ではハンドソープや育髪トニックに使用されています。

気になる安全性です。

・低刺激、非感作性
ほとんど刺激性が無く、人臨床試験等で皮膚アレルギー性は報告されていません。

・高い安定性
安定な化合物で長時間効果が持続します。
非ハロゲン、非重金属、非環境ホルモン
ほとんど皮膚刺激性が無く、又2%濃度で皮膚アレルギー性・皮膚光アレルギー性もありません。

引用:大阪化成

シメン-5-オールは安全性の確認をする臨床実験でアレルギー反応には該当しなかったようです。

さらに皮膚の刺激性がなく、皮膚アレルギー・皮膚光アレルギー反応もないのでお肌への安全性がとても高いことが伺え、副作用の心配もなさそうです。

有効成分フェノールスルホン酸亜鉛(パラフェノールスルホン酸亜鉛)

ノアンデの有効成分のひとつフェノールスルホン酸亜鉛(パラフェノールスルホン酸亜鉛)は汗の分泌を抑える制汗作用の働きがあります。

さらに、ワキガ菌の餌になる皮脂の異常分泌を抑える働きもあります。

フェノールスルホン酸亜鉛はいろんな化粧品やスキンケア商品にもよく配合されています。

厚生労働省により配合する量は決まっているので、大量に使わない限り私たちの肌に大きな問題はありません。

ノアンデは医部外品のためフェノールスルホン酸亜鉛の過剰使用の心配もありませんので、副作用のリスクもないといえるでしょう。

[ノアンデ/副作用]サポート天然成分

ノアンデのワキガ臭に対するはたらきをサポートしている7つの天然成分はお肌に優しく安全性がとても高いんです。

この天然成分はノアンデが独自に配合しています。

その詳しい効能や作用、安全性を紹介します。

天然成分:柿タンニン

抗菌作用のとても高い柿タンニンはノアンデの天然成分のひとつです。

柿に含まれるタンニンとは渋柿が渋い原因、渋み成分が要するにタンニンになります。

このタンニンは赤ワインやお茶にも含まれていますが、柿にはその何十倍ものタンニンが含まれています。

そんな柿タンニンの安全性ですが、安全性はとても高いです。

なぜなら、渋柿は口に含むことが出来ますよね。

もちろん渋くて食べれたものではありません。

なので柿タンニンは安心できる成分ですね。

天然成分:シャクヤクエキス

シャクヤクエキスはノアンデの天然成分の一つで、芍薬から抽出した天然のエキスで、漢方薬でもよく使用されています。

シャクヤクエキスは、毛穴を引き締める収れん作用や、皮脂の過剰な分泌を抑えさらに保湿効果が期待できます。

そんな芍薬エキスの安全性や毒性は高く、副作用の心配はほぼないそうです。

天然成分:茶エキス-1

ノアンデの天然成分の一種、茶エキス-1には消炎作用、抗菌・抗酸化作用、収れん作用の効果が高く、エイジングやニキビケアとして化粧品に含まれています。

さらには消臭効果の働きもあります。

そんな茶エキスですが、肌への刺激性はほとんどなくアレルギー性の報告もないため、安全性のとても高い成分と考えられます。

しかし茶葉にはカフェインが含まれていますので、カフェインアレルギーの方は注意が必要なので必ずパッチテストを行いましょう。

天然成分:ハマメリスエキス

ハマメリスエキスはアメリカマンサクという植物からの葉から抽出されておおり、ノアンデの天然成分に配合されています。

ニキビケアの商品によく使用されるハマメリスエキスですが、毛穴を引き締める収れん作用や肌のキメを整えてくれる働きがあります。

ハマメリスエキスは昔から化粧品としてよく用いられ、ネイティブアメリカン(インディアン)にも愛用されていたようです。

そんなハマメリスエキスは副作用も確認されておらず、安全性もとても高いんです。

しかし植物由来の成分なのでお肌が弱い方は念のためにパッチテストを行い確認しましょう。

天然成分:甘夏(グリチルリチン酸2K)

ノアンデの天然成分グリチルリチン酸2Kはマメ科植物カンゾウから抽出した成分で、甘草エキスと表記されることもあります。

甘夏(グリチルリチン酸2K)には汗を抑える制汗作用の働きが期待できます。

副作用もなく安全性がとてもたかい甘夏(グリチルリチン酸2K)ですが、服用タイプを過剰摂取した場合には『犠牲アルドステロン症』を発症するおそれがり、高血圧や吐き気、頭痛、手足のしびれといった副作用は発生する恐れがあります。

ノアンデは薬事法で定められた100Gにつき0.5%未満の規定量しか使用していないので副作用の心配は少ないでしょう。

天然成分:セイヨウオトギリソウエキス(花/葉/茎)

セイヨウオトギリソウエキスはオトギリソウの花と葉、茎から抽出したエキスでノアンデの天然成分に配合されています。

セイヨウオトギリソウエキスは毛収れん作用があり、さらに肌の潤いを促進したり過剰な皮脂や乾燥によるかゆみを抑制する作用があります。

海外ではセント・ジョーンズ・ワート(St.John’s wort)というハーブの1種で、軽度から中度の鬱病や不安への抗うつ剤としも効果を発揮します。

セイヨウオトギリソウには有効成分ヒペリシンが含まれており、この成分は光に反応するので経口摂取(口から栄養をとること)の際には注意が必要だが、皮膚へ塗る場合は光感作性認められていないため安全性は高いでしょう。

天然成分:キダチアロエ草(アロエエキス-1)

ノアンデには天然成分キダチアロエ草(アロエエキス-1)が配合されています。

キダチアロエ草(アロエエキス-1)は保湿や肌のキメを整える収れん作用、そして抗菌作用があります。

そんなキダチアロエ草(アロエエキス-1)の副作用を調べてみましたが、とくに副作用や危険性は確認されませんでした。

不安な方は使用前に必ずご自身でパッチテストを行ってみてください。

[ノアンデ/副作用]敏感肌・乾燥肌・アトピー体質の人はパッチテスト

ノアンデは敏感肌や乾燥はだのデリケートな方にも使用できるよう無添加です。

敏感肌に自覚のある200名への2度にわたるパッチテストで肌への安全性を実証済みです。

市販のデオドラントクリームや制汗スプレーで肌荒れした人にも満足できるノアンデですが、全人類が満足する効果があるかと言われればそうではないと思います。

万が一お肌に異常がでた場合にはノアンデ定期コースでしたら永久返金保証制度がついていますので、安心して試すことができます。

皮膚アレルギー試験(パッチテスト)の方法

パッチテストとは自分の肌に問題なく使えるかを確認するための検査方法で自宅で簡単に行うことが出来ます。

綿棒でノアンデを軽くとり、腕の内側に10円玉程に薄く塗り自然乾燥させましょう。

そのまま触れずに48時間放置してください。

万が一かゆみや刺激、発疹や発赤などの皮膚異常があった場合は触らずすぐ洗い流しましょう。

人によって体質は違うので、不安な方はパッチテストをしてノアンデを使ってください。

[ノアンデ/副作用]無着色・無香料はリスクや危険性が少ない

ノアンデが安心して使える理由は無着色・無香料だからです。

市販の制汗剤やスプレー、デオドラントクリームの多くは着色料や香料が使用されてるので、副作用がある可能性が高いのですが、ノアンデは無着色・無香料にこだわっています。

もし着色料や香料が含まれた制汗剤を使用した場合にどのようなリスクがあるか調べてみました。

合成着色料の副作用

着色料には合成着色料と天然着色料の2種類があります。

石油のコールタールを原材料にしたタール色素から作られたのが合成着色料です。

赤色2号・赤色2号アルミニウムレーキ、黄色4号・黄色4号アルミニウムレーキ、青色1号・青色1号アルミニウムレーキが主に良く使われるもので、清涼飲料水やお菓子などに使われています。

そんな合成着色料の副作用としてあげられる症状は、発ガン性、じんましん、ぜんそく、妊娠率の低下、遺伝子損傷などがあります。

肌に対する副作用としてはタール色素によるシミや色素沈着、肌荒れです。

タール系合成着色料はアメリカやヨーロッパでは使用禁止や規制がかかっているものが多くあります。

調べていくうちに合成着色料がとても恐ろしいものだと分かっていきました。

ノアンデには合成着色料が含まれていないのでほっとしました。

天然着色料の副作用

天然着色料は自然の花や野菜、虫から抽出したものです。

例えば、パプリカや紫キャベツ、ブルーベリーや砂糖などから作られています。

しかし天然と聞いて安全だなとおもいの方もいるでしょうが、実は天然着色料にも危険が潜んでいます。

それは抽出方法に注意する必要があります。

色素を抽出する際に薬品や溶剤を使用しますがこれがあまり良いものではないのです。

綺麗な色を抽出するために科学的に処理をされているので、必ずしも合成着色料のほうが危険だというわけではナイんです。

そんな着色料が入っていないノアンデの安全性は確かでしょう。

合成香料の副作用

香り付けをする為に使われる香料ですがノアンデには使用されていません。

そんな香料にも合成と天然香料があります。

化学反応を利用した方法でつくられた香料です。合成香料の種類は3000を超えますが、世界市場で取引されている主なものは約500種類です。原料は、石油化学工業や石炭化学工業、パルプ工業などから大量に入手できる化合物などですが、香り物質を得ることさえできれば原料に制限はありません。

引用:日本香料工業界

人工的に精製・製造されたものが合成香料、すなわち化学物質になります。

合成香料は発がん性やアレルギー、ホルモン分泌に影響を及ぼすと言われています。

合成香料の毒性に関して研究データーが少ないのでが、アメリカやカナダでは香料禁止の動きがく大されているということで、やはり体にいいものではないでしょう。

ワキガ臭の悪化にもなりそうなので、無香料なら心配ないですね。

天然香料の副作用

動植物から抽出、圧搾、蒸留などの物理的手段や酵素処理して得ます。天然香料は、花や草木、果実などから取り出される植物由来のものがほとんどですが、最近ではビーフやポーク、チキンなどの食肉類(動物性たん白質)やカツオブシ、ホタテ貝などの魚介類、エビやカニなどの甲殻類の抽出物が動物性天然香料として利用されています。

引用:日本香料工業界

天然香料には動物性と植物性があります。

動物性香料に関しては、ワシントン条約で保護されている動物から採取されていたので、いまでは数が少なく貴重な香料です。

植物性香料は花やつぼみから抽出されています。

天然香料は妊婦の方やてんかん発作持ちの人、アレルギーがある人には危険な成分が入っていることがあるそうです。

中には天然香料より合成香料が安全という人もいれば、逆という人もいます。

どちらにせよ天然も合成香料も使用されていないノアンデの安全性が高いということですね。

[ノアンデ/副作用]敏感肌や乾燥肌に優しい無添加処方

ノアンデが敏感肌や乾燥肌の人にも優しい理由は香料・着色料、鉱物油、パラベン、石油系界面活性剤、タール系色素、紫外線吸収剤、動物性原料が使われておらず、さらに12種類の天然成分が配合されているからです。

市販の制汗剤やワキガクリームは添加物がたくさん含まれていて副作用のリスクが高いのですが、ノアンデはニオイに悩んでいるお肌が弱い方へ満足に安心して使ってほしいという気持ちの無添加処方なんです。

さらにノアンデは医薬部外品なので、過去に他のクリームで肌荒れをした方でも肌への刺激が少ないので心配なく使っていただけます。

[ノアンデ/副作用]安全な天然由来成分

ノアンデは思春期のお子様や肌が敏感な方に問題なく使ってもらえるように昔から人々に愛されてきた天然由来成分をふんだんに配合しています。

12種類の天然由来成分の安全性や副作用を調べてみました。

天然由来成分:ワレモコウ(ワレモコウエキス)

ノアンデに配合されている天然由来成分、ワレモコウには収れん作用と殺菌作用があります。

ワレモコウエキスにはタンニンやサポニンが含まれており、化粧品素材として優秀なため化粧水などに含まれています。

刺激が少ないので赤ちゃん用のローションに使われているため安全性は高いでしょう。

天然由来成分:アルニカ花(アルニカエキス)

アルニカ花のエキスはノアンデの天然由来成分の一つで抗菌・抗酸化作用や保湿効果の働きが期待できます。

そんなアルニカ花エキスですが、少し刺激がある為口にいれたり傷口に塗る事は避けてください。

さらに、アルニカはキク科の植物なのでで植物アレルギーのある方は使用前にパッチテストをしてください。

天然由来成分:ローズマリー葉(ローズマリーエキス)

ノアンデの天然由来成分に配合されているローズマリー葉(ローズマリーエキス)はお肌を潤す保湿作用、肌を引き締める収れん作用や肌荒れ防止の作用があります。

ローズマリーの葉から抽出されたエキスです。

ローズマリー自体用途がとても広く、観賞用やアロマオイルに使ったり、肉や魚のニオイ消しのスパイスとして使われ『若返りの水』とも呼ばれています。

植物性防腐剤とし近年よく使用されており、安全性は高く副作用の心配はナイと言われています。

アレルギーに不安のある方はパッチテストを試してください。

天然由来成分:セキヨウキズタ葉/茎(セキヨウキダチエキス)

セイヨウキズタの葉と茎から抽出したエキスがノアンデに配合されています。

このセイヨウキズタは多年生植物でアイビーと呼ばれ、多くの方が観賞用で栽培しています。

そんなセイヨウキズタエキスには肌の張りを改善する働きと、菌をやっつける働きが期待できます。

安全性ですがセキヨウキダチエキスは副作用の心配はないようです。

天然由来成分:ヨクイニン(ヨクイニンエキス)

ノアンデの天然由来成分ヨクイニンははと麦の殻と種皮をとり乾燥させたもので、漢方薬の生薬としてよく使われており、そこから抽出したのがヨクイニンエキスです。

ヨクイニンエキスの効果は皮膚をトラブルから守る効果が期待できます。

天然由来成分:スターフルーツ葉(スターフルーツ葉エキス)

スターフルーツと言えば星の形をしているフルーツで皆さん一度目にしたことがあるのではないでしょうか。

そんなスターフルーツの葉っぱから抽出されてたエキスをノアンデは配合しています。

気になる効果ですが、肌の健康を維持し菌をやっつける働きがあります。

スターフルーツ葉エキスの気になる副作用ですが、特に事例など見当たらなかったので、心配ないでしょう。

天然由来成分:セイヨウトチノキ種子(マロニエエキス)

ノアンデの天然成分セイヨウトチノキの種子から抽出されたエキスがマロニエエキスです。

肌荒れを防いで肌に潤いを与えてくれます。

毒性があるため口から摂取することがオススメされていないようですが、適切に処理をされたものには毒性はほとんどないようなので、安全性は高いでしょう。

天然由来成分:ヒメフウロ(ヒメフウロエキス)

ヒメフウロは漢字で姫風露と書きノアンデの天然成分の一つとして配合されています。

ヒメフウロエキスは肌の奥まで浸透し、そこの長く留まりお肌を綺麗な状態へ近づけるお手伝いをしてくれます。

そんなヒメフウロエキスですが、危険性や副作用はとくに報告はされていません。

花粉症など緩和する効果が高く、ヒメフウロエキスの副作用や使用量も決まっていないので安全性は高いでしょう。

天然由来成分:アーティチョーク(アーティチョークエキス)

イタリア料理の食材としてよくみかけるアーティチョークですが、その葉から抽出されたエキスはノアンデの天然成分です。

アーティチョーク葉エキスには毛穴を引き締める収れん作用や肌荒れ防止、肌の張りへの効果も期待できます。

さらに刺激性などもないため副作用の心配はナイでしょう。

天然由来成分:プラセンタ(プラセンタエキス)

ノアンデに配合されているプラセンタエキスですが、プラセンタとは胎盤のことを指します。

豚や馬、羊の胎盤から抽出したのがプラセンタエキスになります。

プラセンタエキスには色素沈着防止や保湿効果が高く敏感肌にとてもオススメなんです。

プラセンタエキスはアレルギーの原因になる成分やホルモンを取り除いているため、安全性に心配はナイでしょう。

天然由来成分:セイヨウナシ(セイヨウナシ果汁発酵液)

セイヨウナシ果汁液発酵はセイヨウナシの果汁を乳酸桿菌で発酵させたものです。

肌に潤いとハリ、そしてコシを与えてくれるのでアンチエイジングの化粧品によく用いられています。

セイヨウナシ果汁発酵液に関しての副作用など見つからなかった為、問題ないと言えますね。

天然由来成分:ブドウ葉(ブドウ葉エキス)

ノアンデの天然成分の一つブドウ葉エキスは、ブドウの葉から抽出したものです。

ブドウの葉はイタリアではチーズに巻いて食べたりするそうです。

そんなブドウ葉エキスは収れん作用や保湿効果が期待できます。

安全性や副作用に関しては食用で経口摂取できるものなので危険や心配はないでしょう。

[ノアンデ/副作用]添加物だから危険性がない

ノアンデは安心安全な無添加で作られています。

鉱物油、パラベン、石油系界面活性剤、タール系色素、紫外線吸収剤、動物性原料といったものはいっさい含まれていません。

これらの添加物等が含まれていた場合にどんな危険性があるか調べてみました。

鉱物油の危険性

鉱物油とは英語ではミネラルオイルと呼ばれており、石油由来のオイルです。

石油からプラスチックや工業製品などを製造した後に残る廃油で、廃油を精製し不純物を取り除いた油になります。

低価格で大量生産できるためいろな化粧品に鉱物油が用いられています。

一昔前の鉱物油残った不純物のせいでシミや発ガンのリスクがあったようですが現在は精製技術が向上したため、品質が安定しています。

意外なことに鉱物油は肌を守る効果があり肌に蓋をしてくれるのですが、保護しすぎて毛穴が詰まる肌トラブルの原因の一つになる可能性があります。

特に乾燥肌の人が鉱物油配合の化粧品を使うと、毛穴の詰まりが皮膚のターンオーバーを妨げさらに乾燥してまうケースがあるそうです。

乾燥はワキガ臭悪化の原因の一つなので、大敵です。

ノアンデは乾燥肌の人にも心配なく使えるように研究に研究を重ねて作られています。

乾燥の原因になる鉱物油が使われていないノアンデは安心ですね。

パラベンの危険性

パラベンとは化粧品に入っている防腐剤のことで、『パラベンフリー』の化粧品など見たことはありませんか?

そもそも化粧品に防腐剤がなぜ必要なの?と疑問に思う方もいますよね。

化粧品に入っている美容成分は微生物の大好物で、微生物やカビによって化粧品の腐敗が進行してしまいます。

この腐敗や劣化を防ぐ為に化粧品には防腐剤が使われているのです。

パラベンは諸説ありますが、乳がんのがん細胞増殖を促すエストロゲンに似た働きがあると言われています。

ワキにはリンパ腺があるのでやはりガンの原因になり得るものは避けたいですよね。

ノアンデは常に清潔な状態が保てるようエアレス式ボトルが使われおり、雑菌の混入を防いでくれます。

石油系界面活性剤の危険性

石油系界面活性剤とは通常混ざり合わない物質(水と油)を界面活性剤を使うことで混ざります。

シャンプーやクレンジング類、洗顔料に使われています。

私たちの体はタンパク質で出来ています。

石油系界面活性剤が皮膚に着くと皮脂膜を壊し、体内に侵入して蓄積し人体に悪影響を及ぼす可能性があります。

例えば、肝臓や子宮に障害を引き起こすケースがあると言われています。

さらに食器を洗った後に手がかさかさになるのも界面活性剤の影響です。

やはりリスクの危険性が含まれているものはなるべく使いたくないですよね。

ノアンデには石油系界面活性剤が入っていないのでこのようなリスクの心配はないですね。

タール系色素の危険性

タール系色素とは食べ物やコスメなどに色を付ける染料のことで、合成着色料と言えばみなさん分かりますよね。

アメリカではタール系色素の使用は禁止されており、

日本では12種類の色素が日本で認められており、その中でも赤色2号、102号、106号はアメリカとカナダで発がん性やアレルギーの原因になると使用禁止になっており、さらに赤色3号は甲状腺に異常を来す恐れがあるとアメリカとドイツで使用禁止されています。

健康志向が高まっているアメリカで使用禁止されているということは、危険性が高いからということでしょうか。

そんな合成着色料が使用されていないノアンデは安心です。

紫外線吸収剤の危険性

紫外線吸収剤はその名の通り紫外線を吸収する化学物質のことで、肌への紫外線を減らす働きがあります。

日焼け止めやファンデーション・下地にも使用されています。

紫外線にはA波(UV-A)B波(UV-B)C波(UV-C)の3種類あり、人体に影響があるのがA波(UV-A)B波(UV-B)の2つです。

紫外線吸収剤は体のタンパク質と結びつきアレルギー反応を引き起こしたり、肌への刺激や赤み、湿疹を起こす可能性があります。

しかしノアンデには紫外線吸収剤は使われていないので敏感肌の人にも心配なく使えます。

動物性原料の危険性

動物性原料とは動物から抽出した成分のことです。

例えばヒアルロン酸は鶏のトサカ、セラミドはほ乳類の脳や酵母発酵、コラーゲンは哺乳類や魚、鳥などの様々な部分、スクワランはサメなどの肝油が動物由来です。

植物系の原料より効果が高いので化粧品によく使われています。

しかしこれらの成分は動物の犠牲のもとからうまれているものなんです。

お肌にも動物にも優しいのがノアンデですね。

[ノアンデ/副作用]国内の認定工場で生産だから安全性が高い

ノアンデが安心して使える理由は日本国内の認定された工場で製造されているからです。

厳しい基準を設けて全てクリアしみなさんのお手元に届けています。

米国財団法人野口医学研修所にも認められており品質の高さを実証しています。

効果の高さ、品質の安全さが優れていることが実感できるノアンデはほんとうにオススメです。

[ノアンデ/副作用]国内認定工場とは

ノアンデは安心・安全なメイドインジャパン製です。

さらに、結果の高さを実証する為に素材にもこだわり、全国の原料メーカーや開発機構と共に情報を集めて本当の効果の高さを解明しています。

お客様に高品質で安全な製品をお届けできるよう、原料・資材の受け入れから中間製造、梱包・発送に至るまで、工程ごとに厳しい管理を実施しています。原料・資材は、高精度安全性調査をクリアしたものだけを徹底して使用。それらをすべて配合した試作品の段階でも、経時安定性といったいくつもの検査項目を設定し、十分な品質・安全確認を行っています。

引用:ノアンデ公式

これは認定工場だからできるこだわりですね。

満足度が99%なのもこのニオイに対する追求と実証による賜物ですね。

やはりノアンデは本当にオススメなデオドラントクリームです。

[ノアンデ/副作用]米国財団法人野口医学研修所認定

ノアンデは米国財団法人野口医学研修所の品質推奨に認定されました。

そもそも米国財団法人野口医学研修所とは何なんでしょうか。

野口医学研究所は、日本が生んだ世界的医学者・野口英世博士の業績を記念し日米医学交流の促進を目的に1983年6月登記、1985年5月免税措置[免税コード501(c)]等アメリカ政府の認可を受け、フィラデルフィアに設立された米国免税財団法人です。

引用:野口医学研究所

野口英世と言えばみなさんにも身近な千円札に印刷されている方で、ノーベル賞の候補に3度もノミネートされたそうです。

さらに品質推奨認定とは具体的にどういうことなのかというと

美と健康に寄与した商品に対し、米国財団法人野口医学研究所所属の医学博士・薬学博士・大学教授等で構成される倫理審査委員会において厳密な審査を行い、品質が承認された商品について、品質推奨証を発行する制度です。

倫理審査委員会では、商品の安全性や学術的裏づけなども考慮し、審査を行います。

引用:野口医学研究所

大学教授や薬学・医学博士といったその道のプロフェッショナルが認めたということですから、ノアンデの品質の高さは間違いないと言っても良いでしょう。

[ノアンデ/副作用]市販の制汗スプレーはワキガを悪化させる危険性がある

手頃に薬局やドラッグストアで購入できる市販のデオドラントクリームや制汗剤にこそ副作用のリスクが潜んでいます。

その中でも制汗スプレーはとくにワキガ臭を悪化させる恐れがあります。

特に中高生やスポーツをしている方は制汗スプレーには臭い付のものがおおく、汗の臭いを隠す為に使うこともありますよね。

具体的にどんな悪化の原因があるか調査してみました。

わきが臭が悪化するリスク1:肌の乾燥による原因

制汗スプレーには発汗を抑える為に毛穴を塞ごうとする働きがあります。

これが原因で肌が乾燥していきます。

肌が乾燥してしまうと、ワキガ菌の餌になるたくさん皮脂がでてしまいます。

ワキガ菌の繁殖によってワキガ臭が発生するので、その原因になる菌がスプレーによって大量繁殖してしまうことでニオイの悪化につながります。

その点ノアンデには保湿成分がたっぷり配合されているので悪化の原因の心配はいりませんね。

わきが臭が悪化するリスク2:冷たい刺激での発汗

制汗スプレーには暑い夏でも爽快といった謳い文句で冷たい刺激がある商品がたくさん販売されています。

ですがこの冷たい刺激がワキガ臭の悪化の原因の一つになってしまいます。

なぜなら冷たい刺激が肌にストレスとなり、発汗効果があがってしまうからなんです。

発汗することで、汗を餌にするワキガ菌が増殖して汗を分解します。

そしてニオイの本になるになる物質が大量発生してしまいます。

そうすることでさらにワキガ臭が悪化してしまいます。

ですが、ノアンデは肌にストレスを与えることはないので安心して使うことが出来ますね。

安いからといって制汗スプレーを使用するのはやはりおすすめできませんね。

わきが臭が悪化するリスク3:肌あれによる菌の繁殖

健康な肌は酸性の状態ですが乾燥することでPHがアルカリ性になってしまいます。

アルカリ性になった皮膚はワキガ菌の温床になって、どんどんワキガ菌がふえていきます。

そうするとニキビの出来やすいお肌と同じ状態になり、肌のターンオーバーも出来なくなってしまいます。

この状態になってしまうとニオイの悪化と肌あれもひどく、制汗スプレーの使用を直ちに中断する必要があります。

ノアンデにはお肌に優しい天然成分が豊富にはいっており、敏感肌へのパッチテストで優しさを実証済みです。

敏感肌や乾燥肌にお悩みの方は一度ノアンデを試してください。

定期コース申し込みはいつでも解約可能で、さらに永久返金保証制度もついていて安心です。

[ノアンデ/副作用]市販の制汗剤に使われる危険な成分

塩化アルミニウムと銀イオンは市販の制汗剤やスプレー、デオドラントクリームによく配合されており、副作用のリスクがある成分です。

塩化アルミニウムはアルツハイマーになる恐れが懸念されているんです。

さらに銀イオンに関しては強い毒性があり、金属アレルギーを引き起こす場合があると言われています。

どちらにしても塩化アルミニウムや銀イオンが使われているものはあまり使いたくないものです。。

やはりノアンデにはどちらも配合されていないので安心できますね。

塩化アルミニウムの危険性

特に海外の制汗剤やデオドラントクリーム、多汗症用のお薬に入っている塩化アルミニウムですが、副作用がおこる危険が高いんです。

肌のかゆみやかぶれ、アルミニウムに対しての金属アレルギー、塩化アルミニウム治療で代償性発汗を引き起こします。

代償性発汗とは多汗症(手のひら)の治療法で内視鏡手術(ETS手術)というものがあり、この術後の副作用のことです。

手のひらの汗が少なくなったかわりに、他の部位からの汗が増えてしまいます。

これと同じことが塩化アルミニウムの治療で起る可能性があります。

塩化アルミニウムは刺激が強いので、敏感肌の人は安全なノアンデを試してください。

銀イオンの危険性

銀イオンはとても強い殺菌・抗菌作用がありさ、さらにその強い殺菌力でワキガ菌を死滅することが出来ると多くの制汗剤で使用されています。

そんな銀イオンですが、強い毒性を持つと言われており、長い間皮膚や口から取り入れると有害なものになり、アレルギーを発症する原因になります。

さらに人間のDNAを破壊し、内臓機能の異常や神経・血液に変異を起こす可能性があります。

発がん性のリスクを高めてしまうと言われているそうです。

家電などでもよく使われている銀イオンですが、調べれば調べるほど恐ろしいですね。

銀イオンはノアンデに入っていないので安心しました。

[ノアンデ/副作用]市販のデオドラントと併合使用しても大丈夫?

ノアンデと市販の制汗剤やスプレー、デオドラントクリームと併用して使うのはやめましょう。

効果どころかワキガ臭が悪化する危険性があります。

「ノアンデが効かないから」

そんな人はノアンデを使用する前に使い方が正しいか見直しましょう。

ちゃんと清潔にしてから塗っていますか?

さらに毛の処理をしてあげるとなお効果が高まりますよ。

市販の制汗剤を一緒に使てリスクを伴うより一度正しい使い方をおさらいしましょうね。

副作用1:市販の制汗剤による乾燥でニオイが悪化

ノアンデの効果をさらにあげたいから市販のデオドラントと併用して使わないでください。

ワキガ臭が悪化する危険性があるからです。

特にスプレータイプの制汗剤はお肌を乾燥させてしまいます。

乾燥のせいで皮脂がさらに分泌してしまいワキガ菌の餌を増やすことになります。

そうすると、もちろんワキガ臭がさらに強くなってしまいます。

ノアンデには保湿作用がたっぷりの天然成分がたくさん配合されているので、まずは使い続けて効果の高さを実感してください。

副作用2:市販のデオドラントの成分による肌トラブル

市販の制汗剤には香料や界面活性剤、防腐剤が入っているものもあります。

ノアンデと併用することでその成分がどんな反応をするか分かりません。

ノアンデは他の制汗剤と併用しても大丈夫という目的では作られていまセン。

肌荒れの原因を引き起こし、さらに危険なリスクが伴う可能性もあります。

なので無添加処方のノアンデは敏感肌の方にも優しい処方で作られているので一度試してください。

[ノアンデ/副作用]妊婦や子供への危険性

ノアンデは妊婦さんや小さいお子様に恐ろしいリスクがある添加物や化学成分(塩化アルミニウムや銀イオン)は配合されていません。

しかし妊婦さんは使用の前に必ず掛り付けのお医者様に使えるかどうか確認しましょう。

ノアンデの天然成分のなかには食物アレルギーやカフェイン、漢方薬として効能が強く子宮を収縮させてしまうものもあるからです。

自身のアレルギーや配合されている成分を確認しお医者さんと相談しましょう。